「愉快な釣り人たち」 2015年05月
FC2ブログ

「愉快な釣り人たち」

愉快な釣り仲間と最近始めたソルトウォーターライトゲームについてつづっていきたいと思っています。

2015-05-24 [ Sun ]
aji.gif

 5月23日、少し雨模様でしたが、山口県大島の伊保田へ、
相棒S君とオールナイトフィッシングしてきました。
今回も、土曜休みの私が、昼過ぎから家を出て場所を確保し、
仕事終了後にS君が現地に駆けるパターンです。

m-1432439753394.jpg

 今回の釣り場所は、何度行ってもアジが釣れなかった
伊保田東港へ、リベンジしに行ってきました。
人気スポットで明るい先端確保に苦労しましたが、
S君の仕事終わりぐらいの時間に空きました。
 写真のように雨対策もして結界を張ってS君を待ちながら、
投げ釣りで「キス」を狙ったり、少し暗くなってから「イカ」を
狙ってみましたが、S君と合流するまで「トラギス」一匹のみ。
 遠投カゴ釣りが芳しくなかったので、「イカ」・「キス」を
メインに狙っていたため、撒餌さを準備しておらず、
S君が撒餌をおこない、遠投サビキ仕掛けにポツポツ魚が
釣れるのを見て、急きょ作戦を変更し、撒餌の利いたところで
イカのウキ釣り仕掛けから、ウキの下のみ代えて、青イソメ
1本掛けでメバルを狙う事にしました(笑)
 結果は16~20cmのアジ12匹と、14~18cmメバル8匹。
子メバルはほとんど放流しましたが、針を飲み込んだメバル
だけは、家に持ち帰りました。

m-1432439764944.jpg

 結果的には二人とも、同サイズのアジをお土産にする
ことが出来ましたが、マナーの悪い釣り人に憮然と
してしまいました。
 掲載している写真のように、狭い波止の先端で、
二人がやっと竿を振れるスペースなのに、挨拶も無く
割り込んで来た若者に、心やさしきおじ様たちは、
「信じられん~!」と言う想いで顔を見合わせました。
 あまりにも無礼なので、いつもは笑顔を絶やさない
松爺が「邪魔なんじゃけど!」て一喝!したつもり(笑)
さすがのNO天気君も状況が飲み込めたのか、
その場をそそくさと去り、50m下の波止で釣りを
していたけど、いつの間にか姿見えず。
 そうこうしていると、対岸の小さな波止から遠慮なしに
仕掛けをクロスさせてくる二人の釣り人。
真直ぐに投げても十分に釣れるだろうに、S君のウキに
反応があると、回収後のスペースに投げ込んでくる。
 どんな教育を受けてきたのかと二人でつぶやく。
あまりにも失礼な連中なので、つぶやきから本音が
静寂な海に響く。「どうなっとるん!」
 さすがに少し遠慮してか、クロスして仕掛けを投げ
込む事は無くなり、魚も反応しないのか30分ぐらいで
その場からいなくなりました。
 最近、素晴らしい釣り人達と交流があったためか、
こんな低俗な釣り人に出合うと、悲しくなります。
「礼に始まり、礼に終わる」
私も釣りに限らず最低限のマナーを守りたいと
思っています。
 釣ったアジは「なめろう」に、メバルは煮つけにして
美味しくいただきました。

m-1432556611686.jpg

m-1432554666862.jpg





スポンサーサイト
2015-05-08 [ Fri ]
fs025_1.gif

 5月5日は、「キャッツ アイ」のメンバーと青物狙い行きました。
連休前半の雨は前日の午後には上がり、当日は初夏を思わせる
ような晴天と凪で、絶好の釣り日和となりました。
 大島方面に向かう途中、数隻の船の真下に大きな鰯の群れを
探知。魚探の画面が真っ赤であることをMキャプテンが告げ、
鯛ラバをすることになりましたが、ひとりだけヒットしましたが、
痛恨のバラし。ならばとMキャプテンが今夜の酒の肴にと鰯を
狙うも、いつのまにか群れは散っていました。
 「何か大きな魚?が近くにいるんだろうね!」てメンバーが
不吉な言葉を発すると、その言葉が的中しました。
情島方面に船を走らせていると、「スナメリ」らしき魚影が沖の
海面に数頭見え隠れしています。
 今年は例年になく早い時期から鰯の群れが接岸しているせいか、
天然記念物の絶滅危惧種の割に、毎回のようにお目にかかります。
テレビ放映では珍重されますが、スナメリに遭遇すると釣果が
芳しくありません。今年に入って3回目の遭遇です(泣)

m-1430863027082.jpg

 鳥山の発生をに睨みつつ、大島沖の島影でメバルを狙い、
良型を数匹確保したところで、トップへ変更。
大空を旋回していた海鳥が低く飛び始め、小規模のなぶらを
発見。船を走らせ一斉にキャスティングするもバイトせず。
「誰か食わせてよ!」とMキャプテンの激励が飛ぶも、
竿を曲げることが出来ず、なぶらが無くなるとその場を
撤収し、ジギングパラダイス水無瀬水道向かう。
 しかし、現地に到着すると沢山の遊漁船とプレジャー
ボートがひしめき合っている。Mキャプテンが探し当てた
ポイントにジグを落として巻き上げると、底から20mの
ところでヒットし、豆ヤズを連続で釣り上げる。
それを見ていたのか、すぐに船団がポイントに群がり、
已む無く別のポイントを探し彷徨うも当たりなし。
 唯一のヒットは、Sさんの上げた大きなカサゴ。
ジグは私のお奨めカラーからチョイスされた物です。

m-kasago.jpg

 バイトも無いため少し船を走らせ、キャッツアイ御用達の
通称「養殖場」へトップを投げ込むと、最初にNさんヒット!
続いて私にも連続ヒット!トップ挑戦2回目のSさんにも
待望のヤズヒット!続いて同じポイントへ打ち込んだ私にも
少し大きめのヤズがヒットしました。

やずW

 しかし、ここもピンポイントで打ち込まなければヒットせず、
潮替わりで何もバイトしなくなったところで移動。
ナブラを探しながら移動するも、ナブラらしきものに出合えず。
大島沖でお土産用メバルを狙うが、良型は釣れるも数がでず。
 朝から良い天気で釣り日和の予定でしたが、鰯の群れを追う
スナメリの影響か、思ったほどには数は出ませんでした。

m-やずげっと

 しかし、蒼い海の上で釣り三昧出来、Mキャプテンから頂いた
お土産と、釣り上げた魚を酒の肴に、ビールに焼酎と呑み、
充実した連休を楽しみました。


 

 



 | HOME | 

2015-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

松爺

Author:松爺
普段は広島市内の病院で臨床検査技師として勤務し、土・日曜になると、広島県や山口県の沿岸部でメバルやアジを狙って竿を振っているオジサマです(笑)最近、ソロキャンプを始めました!家庭菜園もやってます~!

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

訪問カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム